topnews_line

”創業300年記念作品”【ふくい 織匠十一代目・篠屋宗兵衛】高級西陣織袋帯「貴宝錦」老舗技の結集作!-帯

%e8%b3%9e%e5%91%b3%e4%bc%9a%ef%bc%88%ef%bd%88%ef%bc%92%ef%bc%98%ef%bc%8e%ef%bc%92%ef%bc%8e%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%89-6
フォトギャラリー

【人間国宝 北村武資】≪夏物≫傑作手織り羅織八寸帯~上品羅(じょうぼんら)~「雪墨」≪夏の傑作。国宝の美技。≫


絹100%(金属系繊維除く)
長さ約4.35m(お仕立て上がり時)
柄付け:六通柄
耳の縫製:袋縫い
おすすめの帯芯:綿芯
◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齡は問いません

◆着用シーン 結婚式・披露宴へのご参列、式典、初釜、パーティー、成人式など

◆あわせるお着物 訪問着、付下げ、色無地、お振袖など

京の西陣において卓越したその技術力、意匠力では確かな信頼を誇る老舗【ふくい】。
【篠屋宗兵衛】の屋号でご存知の方も多くいらっしゃることでしょう…

今回ご紹介のお品は、
創業300年を記念され製作されたお品でございます。
蔵の中にも数多く残されていた「七宝」のお柄を織りなし、
300年にちなんで、”300個”も表現された大作でございます。

1716年の創業より300余年が経過し、
現在では古くから続く機屋さんも、僅か数件となってしまいました。
【ふくい】さんは、百貨店筋でも有名な川島織物や服部織物より歴史のある機屋さんでございます。


雅やかな輝きを放つ、白銀の引箔地。
意匠には富貴な絹糸と高貴な太箔糸を用いて、
松竹梅を込めた七宝文様を織りなしました。
穏やかな彩りに、柔らかな煌めきの上品な箔糸が見事に調和し、
すっきりとした華やぎに極上の品格を添えます。

古典を踏襲しながらもどこか現代のシーンにも溶け込む、ハイセンスな表現。
洗練された格調の高さで、高級感に満ち溢れた仕上がりです。

訪問着、付下げ、色無地などをはじめ、お振袖にも合わせて、
母から子へと代々受け継げるようにと願いを込めて製作された本品。

十一代目・篠屋宗兵衛氏が、丹精を込めて作り上げた力作をご堪能下さいませ。

お色柄、地風ともに大変素敵なお品です。
お手元でご愛用いただける一品となりましたら幸いでございます。
袋帯のお仕立て
(綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て)
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 袋帯)
(ガード加工 袋帯)

[0G152669W]-[TP:松野香]-[PS:枦]-[CH:渡辺健]-[文責:渡辺健]-[0331019]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

2016.09.22

メークインとまぐろのサラダ