topnews_line

三角打敷 冬用 金綴 約61cm)=名古屋寸100代 高級手振り刺繍[雲に鳳凰]【前卓用+上卓用】京寸200代(総幅-その他

%e8%b3%9e%e5%91%b3%e4%bc%9a%ef%bc%88%ef%bd%88%ef%bc%92%ef%bc%98%ef%bc%8e%ef%bc%92%ef%bc%8e%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%89-6
フォトギャラリー

【日本製】【一霊分 文字代無料】会津位牌 漆塗 千倉座 本金蒔粉(面粉)2.5寸:総高14.1cm












彩雲を纏う眩い鳳凰を刺繍で描いた打敷
■ 三角打敷とは?
主に浄土真宗のご門徒が、お正月やお彼岸・お盆・法事などの行事の際、仏壇の中の、上卓(うわじょく)と前卓(まえじょく)に掛ける敷物の事です。
通常、前卓用(大きい方)に上卓用の小さい打敷もセットで販売しておりますが、項目選択でご指定いただければ上卓用なしでもご購入いただけます。
基本的には仏事の際のお荘厳として掛けるものですが、普段でも仏壇をおしゃれに設えたい、という場合は使用していても間違いではありません。ただその場合、普段使い用と行事用とを分けた方が良いでしょう。
また、裏地は織柄入りの白生地となっており、中陰の間や葬儀の際はこの白生地を表にしてご使用いただけます。
■ 打敷のTPO
上述の通り、喪中は白もしくは無彩色の打敷を使用し、それ以降は色柄のついたものを使用します。また、七回忌までの法要では華美な柄を避けるのが望ましいと言われています。
ほか、6月~9月のお彼岸前までは涼しげな素材の夏物を、9月の彼岸入り~翌年の6月頃までは重厚な素材の冬物を掛けるのが一般的です。
※現代金襴で仕立てられている物の中には、季節に関係なく使える柄もございます。
■ 刺繍について
香華堂特選刺繍打敷は、精密なミシン刺繍を施されています。
また、品名に「高級手振り刺繍」とあるものは、ミシンの針の往復を手の動きによって動かし、図案を描きだす「手振り刺繍」の技法で作られています。
機械に読み込ませたパターンデータではなく、元となる図案を見ながら手で描き出す職人技。手仕事のため刺繍の表情は1点1点違いが生まれ、機械制御には出せない「味」をお楽しみいただけます。
■免責■…予めご了承下さい
※サイズにより、打敷本体の大きさと絵柄のバランスをとるために柄ゆきが多少変化いたします。
※製造ロットやタイミングにより、刺繍の向きや糸色の配置が予告なく変更になる場合がございます。また、基本的に色のご指定は承っておりません。
※お使いのパソコン・モニター環境などにより実物の色味と若干違って見える場合がございます。
※商品によって若干の誤差がございます。
季節冬用(9~6月頃)
材質【表】金綴・合繊
【裏】人絹白緞子(織柄入)
上卓用下卓用のサイズ詳細商品画像に記載
【うちしき・おうちしき・御打敷・打ち敷き・打布・内布・仏壇飾り・おしょうごん・墓参り・祥月命日・回忌・月忌・年忌・法要・法事・お彼岸・お盆・正月・仏事・おわたまし・入仏法要・遷仏法要・中陰法要】

2016.09.22

メークインとまぐろのサラダ